--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.03.24 02:46

こんばんは,milkです.

NEWSの新曲‘さくらガール’のPVを見ていると,自分の想い出と重なります.

さくらの花びらは,はらはらと風に舞い,そして想いを掬って行ってしまう…そんな気がします.

屋上で雑誌を読む姿,
携帯電話を開く時の小さな笑顔,
メールをみた瞬間の目…

迷惑かもしれないけれど,全てが好き.好きで好きで止まらない.

大好きなんだよ…






「お待たせ!」

軽く手を振りながら歩いてくる
もうすぐ23歳のあたしの彼は,
いつにも増して眩しい.

「どぅしたの?」
「ん?何が?」
「その格好!」
「スーツだけど?」
「そだけど…」
「お前だってワンピじゃん?」
「ぅん…」
「俺,学生じゃないし…」
「そだね?」

春らしい白系のスーツに身を包んだ
すらりと背の高い彼を見上げる度,
可愛いらしくて,カッコイイって,
何度も再確認しちゃう.そして…

「海,行こう?」
「ぇっ?さくら見ないの?」
「さくらも見る.お前も見る.」
「ばかっ…」

全身がカッとなるのを隠せずに
思わず下を向いてしまう.

「ばぁか,お前なんか見ないよ.」
「ひっどー!!」

この悪戯王子さまめ!許さん!
いっつもたわいもない会話から
結局,喧嘩になったりする.

そして今日も…

「さくら,さくらって…
 俺よりさくらかよ?!」
「違うよーお花見しよぅって
 決めたじゃん?だから…」
「いいよ,俺知らね…」
「知らないって?なに!あたし帰る!」
「どうぞご自由に~」
「ヒカルのばぁか!」

あたしは言葉を投げ捨てると,
さくら並木を一人ズカズカと
ヒカルを背にして歩き始めた.

なんで?いつもこうなんだろ?
大好きなのに,真っ直ぐ見れない.

いつしか,さくら並木が終わって,
広く開けた道の先に海が見えた.

なんでまた….
帰ろ…海はいいや…

大きな深呼吸をひとつ…
くるりと振り向いた瞬間だった.

「さくらより海風でしょ?」
「なっ…」

別れたはずのヒカルが微笑んでいた.

「お前も素直になれよ?」
「…」
「俺,お前と居たいんだって.」

顔に掛かる長い髪をそっとよけると,
軽くおでこにキスしてくれた.

「ヒカル?」
「ん?」
「やっぱり大好き!」
「なんだよ,やっぱりって!」
「んーん,大好きっ!」
「俺もだよ…」

抱きしめてくれた掌の温もりを
春のワンピース越しに感じながら…

さくらの花びらは海風にひらひら…
ふたりの髪に舞い降りては風に乗り,
花びらのベールで二人をそっと包んだ.


(おしまい)


ヒカルくんは,ますだくんの親友の名前ですね~マスヒツのスタッフさんでもあります.
お名前をお借りしたのですが,それなりの理由があるわけで…わたしの大好きな名前です.

関連記事

| My Story | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

実は

居るんです…このストーリーのモデル.
いつか語りましょう~春の恋話~(^_^)

ますだくんの愛してる攻撃に打たれて
走魂が終わったのかわからなかったmilkでした☆

| ☆emicoちゃんへ | URL | 2010.03.27 02:29 | 編集 |

さくら

ヒカルくんて、誰?って、ドキッとしました。
あのヒカルくんですね!


海だったり、さくらだったり、春の淡い風景が目に浮かんできました。

いいなぁ、こんな恋…♪

| emico | URL | 2010.03.26 19:24 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。