--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.02.25 23:31

おはようございます,milkです.

今,目の前にテゴマス(≧ε≦)
…の看板が…そう,原宿駅です.
出勤中の電車の中でポチしてマス.

テレビ誌に載っているダーリンは
いろんなショットがありました.
どれも,まさみちゃんと一緒でね…

笑顔で癒されていく…

どのテレビ誌も書いてありました.
その笑顔,あたしにも見せて….


続きは夜に…バイバイヾ(*'-'*)

♪♪♪~~♪♪~

「知らない曲だ,新曲?」
「知らない曲でしょ?」
「なんて曲?」
「知らない曲だよ.」
「…」

また…
貝の口は固く閉じてる.
きっと新曲に違いない.

「どんな歌詞なの?」
「どんな歌詞だろ?」
「知らないの?音だけ?」
「知ってるよ?」
「ふぅん…」

誰が手掛けて
どんなアレンジで
どんな歌割で
気になってしょうがない.

♪♪♪~♪♪~~♪~

「今のところ,歌うの?」
「歌うよ,上ハモ.」
「!」

やった!上ハモ歌うんだ.
すごいじゃんあたし.

ちょっと待ってて貴ちゃん.
今,いいもの書いてるから.

「はいっ.」
「ん?」
「楽譜です.」
「わっ!すごい!」
「はなうたを音符にしたよ?」

「ちょ,待ってて…」

貴ちゃん,何してんの?
ペンなんか持っちゃって.
あたしの楽譜にぃ…

「俺も書いた.」
「ん?」
「はいっ.」
「ぇっ?」

楽譜の左上にカワイィ文字で
”さくらガール”
”さくらの花びらが2枚”
そして
”ピースしているぶたさん”

「これって?」
「ヒミツの暗号.」
「あ,ありがと…」

楽譜をぎゅっと抱きしめた.
何回も楽譜の左上を目で追って
可愛い子ぶって聞いてみた.

「あたし,さくらガール?」
「ん~ん」

「きゃっ!」
「違うから.」

曇った顔で急に抱きしめないで…
訳がわかんないよ,あたし.

「ね…やだよ…」
「どーしたの?」

あたしの前髪をそっと上げると
おでこに優しくキスしてくれた.

「貴ちゃん?」
「居なくならないで…」

潤んだ目でニッコリ微笑むと,
思いっきり抱きしめてくれた.

居なくならないから…
居なくなんてなれないから…

ずっとこのままで…
散らないで,暖かくなっても.

関連記事

| MASS'S STORY | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。