--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.12.20 02:14


こんばんは,milkです.

こちらはNEWSが大好きなmilkのブログです.
milkが一番愛して止まないのはご存知の通り.
ということで,

♪おめでとうございます♪
テゴマス☆JAPAN☆CDデビュー☆3周年


これからも,ステキな歌声を聞かせてね☆
ずっともっと応援していくよ♪



みんな何かを隠している.
大切な想い出,それとも秘密の気持ち.


~スノウドロップ(第七話)~


「悠ちゃん?」
「あ,ご,ごめん…」
「増田くんのこと知ってんの?」
「うん,うん,黙っててごめん.」
「いいよ,別に…」
「塾が一緒でさ…それで.」
「塾?塾?
 んならさ,増田くんのこと
 たくさん知ってる?よね?」
「いや…」
「悠ちゃんも嘘つき…
 どーしてあたしに嘘つくの?
 元カレでしょ?
 よく話してくれてた彼.」
「あ,ん,その…」

みんな隠し事してるんだ.
雪乃だけ,一人ぼっちみたい.

「アイツとはもう関係ないし…」
「でも,いろいろ知ってる?」
「いや知らないって…
 アイツわからないんだ.
 自分を見せないんだよ.」
「だから別れたの?」
「ちが…いや,ま,ね…」
「ふうん…聞かないよ.」

悠ちゃん,嘘つき.
大好きだったはずだもん….

「雪乃に待受見せられた時,
 ドキッとした…正直言うとさ.」
「悠ちゃん,いいな.」
「アイツ,つまんないよ?」
「雪はすごっく好き.」
「見てただけなのに?」
「うん,インスピレーション.」
「雪乃は雄一さん…
 いや,あ,そっか.」
「いいよ,気にしなくて.」
「増田もいいヤツだよ,
 優しいけど短気かもね.」
「やっぱ知ってるじゃん…」
「あたしも好きだったから…」
「悠ちゃん,痛い.」
「ごめん.」
「いいよ,どーせ雪なんか
 誰も振り向いてくれないんだ.」

雪乃は悠に寄り掛かかると,
ぽろりと想いをこぼした.

「悠ちゃん…
 雪は誰が好きなんだろ?」
「雪乃…」
「悠ちゃん…
 増田くんとキスした?」
「なっ…」
「そうか…雪だけかぁ…」
「雪乃ってば,大丈夫?」
「悠ちゃん…
 カラオケいこっか!」

雪乃は急に立ち上がると,
勢いよく悠に腕組みした.

「悠ちゃんが好きっ♪」
「バカちん(笑)」
「いいよ~バカちんで♪」
「行こ行こ♪」

二人は寒空の歩道を闊歩して
カラオケ店に向かった.
12月21日…クリスマスイヴまで
あと3日….


関連記事

| スノウドロップ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。