--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.03.23 13:25

milkです.


連載途中だけど…足踏みしてるから隠しちゃいました
「秋の空」連載を中心します.
読者の方,居たらですけど…ごめんなさい.

今日は最近あったこと…です.


少し前,心の涙を流しました.
ゴシップネタには疎いけれど,ツイのおかげで流れ弾を(笑)

痛かったよ.
最近,よく当たるみたい.2つも当たったよ.


一つ目の流れ弾は,めちゃくちゃ盛り上がっていたハイフン.
わたしみたいな子は居ないの?いるでしょー?泣いてる子.

おめでとうとか,お赤飯とか,ケーキとか,そういうのは無しだよ.
明るくニコニコ…わたしはできなかったよ.無理だよっ

このページの約15%が彼に関わる文章だもん…好きだもん.
そして気づいたの。こんなにも好きなんだっけ?って…

二つ目の流れ弾は,まるでドラマの延長線上の現実.
演じているのか?本気なのか?
彼女だけに見せる顔があるなら…見せて

彼のことも好きだった.過去形に近いかもしれないけど.
切ない気持ちに何回もなったし…このページの10%くらいは使ってる

わたしって浮気性なのかな…ちがうよちがう…違うからー
何が基準かなんて無くて好きなだけ…好き


ぽかりと浮かんだの「好きの度合い」って言葉が…
でも,度合いっていうのは「比較」がないとダメなんだね.

だから,涙ラインと比較してみた.
泣かなかったらそんなでもない

今月はゴシップに踊らされた日.踊れ踊れ(笑)
なぜって,わたしの一番は一人だけだから



続きにちょっぴり心のつぶやきをdrop
妄想大好きで,ご理解のある方のみお読み下さい.









ダーリンの親友だけど大好き
だから書けるの…かなり、わがままなわたし



桜の季節がやって来たよ.ねぇ…雄一,覚えてる?

大学生活に心躍らせて居た頃,散りかけの桜の木の下で出会ったの.
名前を聞かなくたって分かるから,こう言ったの覚えてる.

「わたし,ミカって言います.仲良くしてください.」

ぎこちない社交辞令の会釈を散りかけの桜が飾ってくれたんだ.
だからわたしには雑誌の1ページみたいに焼付いてるの.


日常は会えるはずなんてない毎日.だから忘れかけそうになってた.
夏のスクリーングで再会した時,偶然にも席が隣になったんだよ.

あ?っていう驚いた表情に,応えたのも,あ?だったよね.
時間が余れば並んで勉強もしたの.夢の時間だった.

わたし,少しだけギアを入れたんだ.
加速度は少しだけ二人の距離を変えたんだ.

「今日は8月8日だね.ミカお誕生日おめでとう.」

最高の笑顔とメッセージは,スクーリングのノートに残ってる.
ヘンテコリンなキャラクターと一緒にね.

会えなくなると困るから,思い切ってありがとうと言いながら
メアドをノートに走り書きをしたら,その日の夜にメールが来たんだよ.



試験前には一緒に勉強した.図書館じゃなくてわたしの部屋で.
都心にあるわたしの部屋は便利なんだろうなーって.

ゲームもしたし,絵も描いたし,こっそりお散歩もしてみた.
分かっているくせにはぐらかして,期待だけ空回りして….

ちょっとだけ味わえた彼女気分.友達っていう名の彼女気分.

そう…気分だけ…
うん…気分だけ…

あれからどれだけ過ぎたのかな…
メールも途中の書き残しばかりが溜まって…

雄一の仕事も勉強も忙しくて会話も合わなくなって.
気づいたら同じ空の下で違う空気を吸っていたんだよ.

悲しい瞬間に一緒に居てあげることができなかったのは,
わたしが望んでもできなかったからなんだよ.

きっと…そんな時に近くに居てくれたんだね.
涙見せたりしたのかな.見せなくても察してくれたのかな.



桜の花に聞いてみよう.これからも好きで居ていいのって.
同じ空の下だけど,違う世界で生きているからいいよねって.




(おしまい)
ずっと大好きだよ.


関連記事

| YUICHI'S HEARTS | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。