2011.07.08 12:41

milkです.


思い募れば天の川…


どんな願いごとをしましたか?





『願いごとが叶いますように…』

黄色い短冊にペンを走らせた.

「書けたの?」

隣から友人が覗き込むと,プッと噴出した.

「何それ?」
「だって…」
「そんなんじゃ伝わらないじゃん」
「そうだけど…」

たくさんありすぎて書けないんだもん.
ううん,
あまりにベタ過ぎて書けないんだもん.

「ふつーに書けばいいじゃん?
 会えますように☆とかさ…」
「そだけど…」

そんなんじゃ無いんだよね…
だから,
言葉がみつからなかったんだもん.

「いっつもそうやってるから…
 お互いがすれ違っちゃうんだよ」
「うん…」
「怖がってるからダメなんじゃん」
「うん…」
「でも,ずるいよね?」
「ん?」
「結局,どっかで拾ってもらえるから…」

友人の少し潤んだ目じりに人差し指を触れてみた.
指先が少しだけ濡れた.

「今回はだめかもだよ?
 もう,あたしのこと忘れてる…」
「ふぅーん」

友人は少しだけ勝気な顔をして微笑んだ.
わたしは短冊を覗き込みながら聞いてみた.

「何て書いたの?」
「ん?」

友人の短冊はストレートパンチ
思わず顔を見合わせて笑いあった

『骨が折れるくらい抱きしめろ!!』



七夕の夜,実は同じ人が好きな二人.
元?カノと,それを知って隠している友と.



(おしまい)
昼休みなのになーこんなの浮かんじゃったから書いちゃったよ(汗;あたしの脳内,いつも妄想ストーリーでございます.



関連記事

| MASS'S LOVER | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ