--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.12.06 20:37

こんばんは,milkです.


かなり放置したみたいだね?
去年とは大違いだなぁf^-^*)


あきらめちゃおうかなぁ?
やめちゃいたい…ってさ.
何回も何回も思いました.


やっぱり無理でした.
考えて悩んだ分だけ…
募る想い,重なる想い…


だから…




「ねぇ…」
「なに?」
「手かして?」
「手?」
「うん.」
「なんで?」
「手つなぎたい…」
「今?」
「うん.」
「あとでね.」

透は雑誌を見ながら,
空返事を返した.


「いぢわる…」
「今,雑誌を見てるからさ.」

「嘘つきっ!」

優衣は立ち上がるなり,
透の頭上にげんこつを入れた.


「イッテッ!」

透は雑誌をとっさに手放した.

両手を頭の上に乗せた透は,
可愛くて微笑ましいのに,
優衣の目からはおだんご涙が
ぼろんぼろん落ちてくる.


「嘘つきっ!」
「なんだよっ!

 …イキナリ…」


怒鳴ることなんてない優衣が,
げんこつを入れるなんて…


透の弱気な語尾に続けるように,
優衣は涙声で静かに答えた.


「離さないで…って言ったのに
 手…
 離さないで…って…

 そう言ったの…
 透だよ?」


「優衣?」


透が見上げた先には,
涙と流れる長い髪が消え去った.




おしまい.


(あとがき)
想いが伝わらなくてあきらめたくなる.
そんな自分が大嫌いなんだよね…
関連記事

| MASS'S LOVER | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。